ジッテプラスの成分について

背中のニキビをケア出来るジッテプラスの品質の高さは世界基準で認められています。

 

 

高品質を誇るというくらいなので、成分については気をつけて作られているかと思うのですが私たち愛用者からすれば

 

  • 危険な成分は配合されていないの?
  • 効果的な成分とは?
  • どんなものが含まれているの?

 

といったことが知りたいですよね。

 

私自信も気になったので徹底的に調べて尽くしたのですが、

 

そこで驚きの事実を知ってしまい思わず腰を抜かしてしまうほどでした。

 

隅々まで記載していますのでぜひご覧になってくださいませ。

 

 

ジッテプラスの全成分と添加物

 

ジッテプラスの全成分↓

 

有効成分:水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、その他の成分:ビサボロール、3-0-エチルアスコルビン酸、米糠抽出物水解液A、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、酵母多糖体末、プルーン酵素分解物、スターフルーツ葉エキス、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス-1、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トレハロース、天然ビタミンE、エチルヘキサン酸セチル、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、BG、カルボキシビニルポリマー、1.2-ペンタンジオール、水酸化K、フェノキシエタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、水添大豆リン脂質、香料

 

成分をご覧になって真っ先に気になることと言えば、危険性や添加物についてですよね。
そこでどのような添加物(化学成分)が配合されているのか一つずつ簡単に説明していくことにします。

 

 

BG(ブチレングリコール)

 

ジッテプラスに配合されている植物由来の成分の品質を保つ防腐剤としての役割があります。

 

化粧品に配合されてからの歴史も長く、数多く研究されていますがその結果として安全性は非常に高いとされています。

 

カルボキシビニルポリマー

 

商品をジェル状にする為に使用されるものです。

 

皮膚刺激性や毒性はないとされている安全な成分です。

 

ペンタンジオール

 

防腐剤としての働きがあり、高品質を売りにする医薬部外品などに配合されます。

 

パラベンなどの刺激性の強い防腐剤を避ける代わりに使用されることが多く、品質・安全性に配慮されている医薬部外品に使われます。

 

水酸化K

 

石鹸などの原料として化粧品類には数多く配合されています。

 

5%以上と濃度の高い水酸化Kを肌に塗ってしまうと刺激が強く、アレルギーなどのトラブルが起こるとされていますが、ジッテプラスに配合されている濃度は5%未満です。

 

5%未満の濃度であれば安全性は高いとされているので安心できます。

 

フェノキシエタノール

 

防腐剤としての役割を担っています。

 

基本的には安全性は高い成分ですが、まれにお肌に合わなかったという報告もあるとのことでしたがいずれも重篤な悪影響ではなく、肌トラブルと比較的軽いものでした。

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液

 

植物由来の脂肪酸と複数のアミノ酸を結合させて作られた成分で、肌のキメや弾力などを整えてくれる働きがあるとされています。

 

様々な実験において事実上の無刺激であり安全性は非常に高いと言えます。

 

水添大豆リン脂質

 

高い保湿力と肌を保護する働きがあります。

 

安全性は非常に高いとされており、アレルギーの報告もほとんど挙がっていない成分となります。

 

香料

 

医薬部外品や化粧品にはほとんど配合されている香料ですが、基本的には安全と言えるものです。

 

香料に対しての特別なアレルギーなどがなければ気にする必要はありません。

 

添加物のまとめ

ジッテプラスには添加物はいくつか配合されていましたが、その全てが安全性に配慮されている成分ということが分かりましたね。

 

 

肌に刺激の強いものや毒性があるとされている成分は一切配合されていません。

 

100%全員に合うということではありませんが限りなく安全性の高い商品ということが言えますね。

 

ジッテプラスの公式サイトはこちら

 

有効成分について

ジッテプラスは化粧品ではなく医薬部外品ですのできちんと区別されています。

 

 

医薬部外品は有効成分を配合していることが絶対条件です。

 

有効成分とは特定の効果を厚生労働省が認定している成分であり、言わば国が「効果を認めている」信頼できる成分ということです。

 

水溶性プラセンタエキス

 

 

水溶性プランセンタエキスは高い美白効果があるとされています。

 

背中やデコルテなどに出来てしまった

 

  • 色素沈着したニキビ跡
  • シミ
  • そばかす

 

などを予防することができる優れものです。

 

グリチルリチン酸2K

 

 

グリチルリチン酸2Kは抗炎症作用のある有効成分です。

 

背中などに出来てしまったニキビを鎮め、アクネ菌などが繁殖しないようなお肌の状態を清潔に保持する働きも備えています。

 

 

ジッテプラスは背中などの体のケアに欠かせない

 

  • ニキビ
  • 美白

 

といった2つの問題をきちんと根拠のある有効成分でアプローチできることが分かりましたね。

 

何といっても国のお墨付きの成分ですからね^^:)

 

アクシア‐トリプルヒアルロン酸とビサボロールの重要性

背中のケアをメインに開発されたジッテプラスですが、浸透力が効果の鍵となります。

 

顔の約5倍も厚いと言われているのが背中の皮膚です。

 

なので通常のスキンケア商品などでは浸透することは出来ません。

 

そこでジッテプラスはアクシア‐トリプルヒアルロン酸を独自開発し、背中の厚い皮膚でもしっかりとケアできる浸透力を身につけたのです。

 

 

普通のヒアルロン酸と実験した結果が公式サイトに公表されていましたが、これを見るだけでもケタチガイの浸透力が伺えますね。

 

 

アクシア‐トリプルヒアルロン酸だけでは水分が多すぎて、すぐに乾燥してしまいますので、そこにビサボロールを配合することにより、水分と油分の絶妙な比率となりました。

 

ビサボロールを配合することによって、赤ちゃん肌に近い水分と油分の黄金比率で肌がプルプルになりますよ。

 

第三者機関による皮膚テスト実施済み

ジッテプラスは事前に商品の皮膚刺激性を第三者機関で調査しています。

 

 

スティンギグテストという敏感肌の方を対象とした

 

  • 痒み
  • ヒリヒリ感
  • 痛み
  • かぶれ

 

などの異常がないかの感受性試験で合格しています。

 

このテストは皮膚科医立ち合いのもと実施されたテストですので非常に信頼できる試験結果と言えます。

 

たかがニキビケア商品でここまで安全性に配慮された医薬部外品を私は知りませんので、これを聞いて思わず腰を抜かしてしまうほどでした。

 

これだけのテスト結果を経て販売されているのですからそりゃ、安全ですよね^^:)

 

 

ジッテプラスの成分を一つずつ調べた結果から言っても、非常に安全性が高いことが明らかとなりましたね。

 

公式サイトをご覧になるだけでも、成分や試験結果について分かるので気になる方はチェックしてみると良いですよ♪

 

以上、ジッテプラスの成分と安全性についてでした。

 

 

ジッテプラスの公式サイトはこちら